『舌にデンボができましてん』舌がん治療絵日記 ⑨副作用・ムシ歯編

2014.11.13以降。

11月13日の口腔外科で発見された『ムシ歯』。

治療を受けています。
『う〜ん、これは「抜髄(ばつずい)」しないとだめですね。』

歯の真ん中に「歯髄(しずい)」というものがあるそうです。
ここには、神経や動脈が集中しているそうです。
その「歯髄」をとる、は→俗にいう『歯の神経をぬく』ということになります。

11月に3回、12月に入って4回治療を受けました。

治療にかんしては、診察台にのった瞬間から、かたく目を閉じています。
『終わりましたよ〜』と言われるまで、ひたすら閉じています。

そんなわけで、どんな器具をつかっているのやら、どんな道具で削っているのやら、
まったく見えてません。 見ません。 見たくありません。
音だけでも、あれだけ恐ろしいのに・・・。
スポンサーサイト

再度歯その2

神経に触れられるあの痛さ・・・。
確かに、眼球をいぢられるのもたまらない。けど、歯。
ルーターで削られる音もたまりませんが、神経。
2013.7.20.歯科 再度歯-2
全てから解放してくれる『歯茎麻酔』。
大好き!何本も何本もうってほしい!

きょう、あらためて治療です。
終わったはずなのに・・・です。

2013年7月20日以降のこと-再度歯その1

やっとのこと、歯が終わったと思ってたのに・・・
2013.7.20..歯科 再度歯-1
ダスティン・ホフマンになって診療台に座ってる私。
確実に、神経に触れられてる。
あの痛み・・・。
もぅイヤ!

2013年5月2日 歯科治療 完了しました。

ここ数回、むし歯の治療はあったのですが、『特に…』みたいな感じやったんで。

で、2013年5月2日。やっとのことで『全むし歯』の治療が終了しました。
2013.5.2.歯科治療 最終
いきなり前歯が折れて慌てて医大の救急に駆け込んで以来、足かけ三年です。
長かった~、というのが実感です。

先生から『これで終わりです。長かったけど、頑張りましたね。半年後に点検で来てください。』
と言われた時、涙が出そうになりました。

舌のがんを疑って、医大に検査を薦めていただいたのも、この先生です。
命の恩人です。感謝。

教えられた通り、一回あたり15分のブラッシングは続けていきます。
ほんとうに、ありがとうございました。
プロフィール

よしみん

Author:よしみん
昭和生まれ。太陽の塔大好き。プログレ親父。和太鼓叩いてます。
美術系学校を卒業後、デザイン事務所に弟子入りするも、版画への想いを絶ち切れず、京都や大阪の版画工房で『刷り師』として、活動の場を得る。
2009年9月『左側舌腫瘍、頸部リンパ節転移』が発覚、『ステージ3』を告知される。

『舌にデンボができましてん』て、何?
ブログの記事や写真、絵の転載・転用はお断りしております。
この『絵日記』の見方
カテゴリのタイトルをクリックして下さい。
それぞれの表紙にジャンプします。『事の始まり』から、暦の古い順から展開し、終わりになるほど『今』に近づきます。 普通とは逆パターンになります。ただし『外来治療編'11今』以降は、『始まりが最初・いちばん奥』にしています。 それでは『手術・入院編』から始めましょう。
カテゴリ
舌がんです。クリック願います!
お見舞いありがとう!
お見舞いいただき感謝しております。
舌がん治療絵日記。起つんだヨシミン!
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
リンク
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『スーモ』をクリックしてみて!
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
FC2ランキング。ついでにクリック!
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR