『舌にデンボができましてん』舌がん治療絵日記 ④副作用入院編 ’09.12~

『放射線副作用による摂食障害入院編』はじまりです。

全30回にわたる放射線照射。
ほとんどの患者は、半分くらいでギブアップし、入院加療するらしい。
確かに、そのあたりから味覚がなくなり、口中が口内炎だらけになっていた。

そういう『不調』に対する苛立ちを、気づかない間に家族に向けていた。と思う。

摂食入院編表紙.ai

主治医の先生に『頑張りすぎやで。いつでも入院しいや。』と言われた。
外来の主任看護師に『そんな頑張らんでええよ。』て言われた。

29回目の照射を終え、口腔外科に治療を受けに行き、主治医の先生の顔を見、
主任の顔を見たとき、何かが切れたみたいな感じになって、涙がいっぱい出てきた。

あと一回。明日で終わり。明日の20分だけ我慢したら。耐えたらええねん。
そう、自分自身ににいい聞かせた。

けど、もう無理。限界やった。

主治医の先生に、『入院』をお願いした。

スポンサーサイト

12月24① また入院

何やかやで、三度目の入院。
29回目の照射のあと、10時すぎに病棟へ。
早々に昼食。しかしまぁ、嚥下障害の患者に『だし巻卵』はあかんでしょ。
改 摂食12-24#12848;
ナースステーションは、顔なじみ。
またよろしくお願いします。


12月24日② 摂食障害に優しい食事

家で、一人分だけこういう献立を続けるのは至難の技と思う。
それを思うと、栄養課に感謝せねば。と思う。
改 摂食12-24#12842;
特大の綿棒で、口内炎の治療。かなりきているみたい。
『28日をめどに退院を考えましょう』とのことでした。

12月25日① 最後の照射。

理想的な食事。噛むこと一切ないんやから。

摂12-25#12848;リストバンド

10時すぎから最後の放射線。今回の入院、やっぱし悔しい。
ただ、自身にも、家族にも、病院的にも入院は正しい判断やったと思う。

いろんな思いを込めて、照射が済んだら泣いてしまうかも。

12月25日② 看護師さんのアドバイス

10時30分。30回にわたる『放射線照射』が無事終了した。
改 摂食12-25#12842;
病室での『皮下注射』。今日は誰がするんかな?
『注射の上手い下手は、どんどん言ったほうがええのよ。医師のために』と、
看護師さんから、攻撃的なアドバイスをしてもらった。
言うてやる!
プロフィール

よしみん

Author:よしみん
昭和生まれ。太陽の塔大好き。プログレ親父。和太鼓叩いてます。
美術系学校を卒業後、デザイン事務所に弟子入りするも、版画への想いを絶ち切れず、京都や大阪の版画工房で『刷り師』として、活動の場を得る。
2009年9月『左側舌腫瘍、頸部リンパ節転移』が発覚、『ステージ3』を告知される。

『舌にデンボができましてん』て、何?
ブログの記事や写真、絵の転載・転用はお断りしております。
この『絵日記』の見方
カテゴリのタイトルをクリックして下さい。
それぞれの表紙にジャンプします。『事の始まり』から、暦の古い順から展開し、終わりになるほど『今』に近づきます。 普通とは逆パターンになります。ただし『外来治療編'11今』以降は、『始まりが最初・いちばん奥』にしています。 それでは『手術・入院編』から始めましょう。
カテゴリ
舌がんです。クリック願います!
お見舞いありがとう!
お見舞いいただき感謝しております。
舌がん治療絵日記。起つんだヨシミン!
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
リンク
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『スーモ』をクリックしてみて!
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
FC2ランキング。ついでにクリック!
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR