『舌にデンボができましてん』舌がん治療絵日記 2013.12.24. 待望の・・・

2013.12.24. 待望の・・・

『このタイミングでやるかなぁ〜』。
朝食前の診察で、いきなり『チューブ抜きま〜す!』って、まだハッキリ目も覚めてないのに。
しかし、かなり長かったんや!チューブ。 今回は、夜に抜かんかったから。
再発13.12.24-1
ここだけの話、チューブからの投薬は、わりとスキやったな。胃がゴボゴボなるのが『生きてる感』を感じられて。


チューブは補助的な役割。 追加の栄養補給と、抗生剤と鎮痛剤の投薬のため。
退院のための準備が、ひとつずつ。
再発13.12.24-2
自分でしましょうね、と言わんばかりの『大量』の錠剤とカプセル剤。とカップ。
(チューブ経由の投薬で使っていた『注射器』、看護師さんに「欲しいんですけど」って言ったら「新しいのあげるわ」と サラをいただきました。ありがとうございました)


手首に巻き付いてる『点滴チューブ』。針の部分の血が固まってこびりついている。
抗生剤も口からなんで、必要なんかな。チューブ内も血で真っ赤なんですけど。
再発13.12.24-3
看護師さんに直訴して外してもらった。 針が『完全に曲がってる』。 お〜コワ。 これで、お風呂にはいれる・・・かな。


予想的中! や〜っと二回目の入浴です。お湯使い放題、足伸ばし放題。ここのお風呂。
再発13.12.24-4
『15分以上入ると、安全確認のため、看護師が声をかけさせて頂きます。』の張り紙。
堪能しすぎて、『ヨシミさ〜ん、大丈夫ですか〜?』って、確認の声かけされてしもた!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしみん

Author:よしみん
昭和生まれ。太陽の塔大好き。プログレ親父。和太鼓叩いてます。
美術系学校を卒業後、デザイン事務所に弟子入りするも、版画への想いを絶ち切れず、京都や大阪の版画工房で『刷り師』として、活動の場を得る。
2009年9月『左側舌腫瘍、頸部リンパ節転移』が発覚、『ステージ3』を告知される。

『舌にデンボができましてん』て、何?
ブログの記事や写真、絵の転載・転用はお断りしております。
この『絵日記』の見方
カテゴリのタイトルをクリックして下さい。
それぞれの表紙にジャンプします。『事の始まり』から、暦の古い順から展開し、終わりになるほど『今』に近づきます。 普通とは逆パターンになります。ただし『外来治療編'11今』以降は、『始まりが最初・いちばん奥』にしています。 それでは『手術・入院編』から始めましょう。
カテゴリ
舌がんです。クリック願います!
お見舞いありがとう!
お見舞いいただき感謝しております。
舌がん治療絵日記。起つんだヨシミン!
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
リンク
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『スーモ』をクリックしてみて!
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
FC2ランキング。ついでにクリック!
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR